ホーム > 製品一覧 > ポラリオン クリーンルーム ライト > よく見えるわけ・効果的な使い方

クリーンルームの清掃確認に

クリーンルームは清掃が欠かせない

☆写真はイメージ
クリーンルーム(クリーンブース)の中にも発塵源はたくさんあります。すなわち、作業員・原材料・副資材・装置など。クリーンルーム(クリーンブース)は気中に漂う非常に微小なゴミを除去することはできますが、重力で床に落ちてしまうゴミは溜まっていく一方です。そこで、クリーンルームの維持管理のためには清掃は欠かせない、ということになります。
そこまでは、クリーンルームユーザーなら誰でも知っていることですが、同じ清掃ならば、より効率的なほうがよい。このページでは清掃にクリーンルーム ライトを使うアプリケーションについて説明します。
ゴミの正体とは?
写真は以前放映されていた「掃除」に関するTV番組中からのスチール写真です。ここでは家庭にあるゴミの正体ということで、繊維、花粉、ダニ、カビの胞子、食べ物のカス、毛髪、皮膚、砂をあげていました。一般家庭に限らず、これらのゴミは工場内にも同様に存在しているものと思われます。工程によりこれらゴミの及ぼす影響の大きさは変わるものと思われますが、いずれもクリーンルーム内に持ち込まれては困るものです。また、工場内ではこれらにプラスして加工や工程内で発生するゴミ(金属の削りカスやタイミングベルトのゴム片、樹脂粉、圧縮空気のオイル分など)、原材料や副資材から発生するゴミも加わります。
※ここでは気中を漂うものではなく、落下塵について記しています。
クリーンルームであれば、これらはすべてシャットアウトできるだろうと軽く考えると、大間違いです。多くのクリーンルーム内でも一般家庭で見るゴミ、特にヒト由来の繊維、毛髪、皮膚はほとんどのクリーンルーム内でも発見されます。


※日本テレビ「世界一受けたい授業」08年3月8日放映分より
家の様子をクリーンルームライトで見てみました。
実際にクリーンルームライトPL15を使用して(見たくないけど)家の廊下でゴミを見てみました。
通常の灯りのもとでは何もないように見えますが、灯りを消してクリーンルームライトで見てみるとものすごい数のゴミが落ちていることがわかります。モップで拭き取るときれいになりますが、見ているうちに次々と落下してきてしばらくすると元通り。よく見るとほとんどが衣類やティッシュペーパーなどの繊維くずのように見えます。
最近、クリーンルーム内でもこのような繊維くずを問題とする工程が増えてきました。特徴としては軽く飛散しやすい、(人などから)クリーンルーム内でも発生しやすいといったことが挙げられます。
通常の灯りで見た廊下
クリーンルームライトで見ると・・・
☆以下のキーワードに関連する項目は「クリーンルームのダストについて考える」のページ掲載しています。
・パーティクルカウンターでの評価には限界がある
・5μm以上のゴミは堆積する
・5μm以上のゴミには掃除が有効
・5μm以上のゴミは何処から来るのでしょうか?
・クラス1万ユーザーでは5μm以上のゴミの対策の方が重要
・5〜100μmのダストを見落とすな!
・ゴミの「見える化」でゴミを除去しよう!
・掃除方法と効果の実験を行いました
(粘着ローラー、ワイパー、掃除機の比較)
ポラリオン クリーンルーム ライトは低い角度で当てるとクリーンルームの床や壁、装置、ワークに付着した微小なダストが浮き上がるように見えてきます。
ガラスのように透明なワークでは裏面から当てるのも効果的です。
しかし、反対に凹凸が大きく光を乱反射するような表面の形状のものではよい状態で見ることは出来ません。(人体、サンドブラストをかけたもの、顔料の入ったプラスチック、塗装されたものなど)これらでは非常に低い角度で当てて、直接反射を見ないなどの工夫が必要です。

ポラリオン クリーンルーム ライト NP−1
※メインページへ戻るには上記ロゴをクリックしてください。



インターネット環境によっては上のフォームが使用できない場合があります。
下のメール・お電話・FAXをご利用ください。ご了承お願いします。


シーズシー有限会社
info@csc-biz.com
TEL:078-252-7201/FAX:078-252-7210